舎路(シアトル)日記

シアトルで働く日本人プログラマの日記です。

Q1 をふりかえる

Mar 21, 2018

定期的ブログ更新

わりと読まれて良かった一方で、このブログの定期更新は途絶えがちで、いまひとつ説得力にかけるものがあった。日本語で書きたいことは貯まっているので、しばらくは隔週で更新する予定でいる。

可視化

英語で書くものは可視化関係に限定していた。

買ったもの

OnePlus 5T は気に入っている。OnePlus 6 は Oppo R15 と同様に iPhone X 風の横長のノッチがつくらしく、それだったら 5T のほうが好みだなと思う。

勉強

Udacity の機械学習コースは無事に完走できて良かった。

引き続き iKnow では英語を、Duolingo では会社のチームに話せる人の多い中国語を勉強している。どちらもあまり時間はさけていない。

Q2 にむけて

自分のソフトウェアを作るというのを長らくできていなくて、悲しい話をすると出来ていた時期のほうが例外的だったのかもしれないけれど、結果として

  • 大企業でチームでソフトウェアを開発する、というのが自分にとっての「ソフトウェア開発」になりつつある
  • 自分の出来ることをオープンにみせる場所がない
  • 分散投資ができておらず、仕事の結果の、自分に対する影響力が強すぎる

いろいろよくないなと思えてきたので、なんとか自分のソフトウェア (アプリケーションでもライブラリでも) を書く時間を取るようにしたい。

Source: post/2018/q1.md