舎路(シアトル)日記

シアトルで働く日本人プログラマの日記です

ながらく「ブログなんて、書きたいときに好きなだけ書けばいい」と思っていたんだけど、去年の12月に「週に3回、月曜日と水曜日と金曜日に書く」というのを決めたら結構よかったので、今年もしばらくは「英語のブログは、毎週の月曜日に更新する」というスケジュールで書こうと思っている。日本語は隔週にしようと思っていたけど、先週に忘れてしまったので、3週間ごとになりそう。

定期的ブログ更新の良さの、半分は時間割を決めることの良さだと思う。higepon さんの 勉強方法を勉強して分かった僕に足りなかった3つのこと (2008) にある通り、

勉強をコンスタントに長期的に続けるならば時間割は大変有用。

時間割を作り実践してみて分かったが「次に何をやるべきか」に迷う時間は振り返ればとてももったいなかった。

私はまだ道半ばで徹底できてはいないけれど「次に何をやるべきか」は事前に決めてしまったほうがいい。

ふと時間が空いたときに「今日ブログを書くか、書かないか、書くとしたら何について書くか」なんて考え出して、その日のうちに公開までたどり着くのは難しい。その難易度は「ふと空いた時間」が短くなっていくにつれて上がっていく。

残りの半分は、ソフトウェアの定期リリースの良さに似ている。

定期リリース

ソフトウェアの定期的なリリースは、最近よくみかけるようになったアイデアで、Rust の RFC 0507 (2014) では

This RFC describes changes to the Rust release process, primarily the division of Rust’s time-based releases into ‘release channels’, following the ‘release train’ model used by e.g. Firefox and Chrome; as well as ‘feature staging’, which enables the continued development of unstable language features and libraries APIs while providing strong stability guarantees in stable releases.

「リリーストレイン」モデルとも説明されている1。電車のたとえは Chrome の Release Early, Release Often (2010) でも使われている。

We basically wanted to operate more like trains leaving Grand Central Station (regularly scheduled and always on time), and less like taxis leaving the Bronx (ad hoc and unpredictable).

従来の「書きたいことがあったらブログを書く」というスタイルは、これまた従来の「リリースに足りる変更があったらリリースする」というスタイルに似ている。

この主観的な判断は、結果としてブログの更新ないしソフトウェアのリリースを遅らせがちだ。それなりに価値のある細々とした情報 (or 細々としたバグの修正) もあるのに、著者独自の視点や良い導入/まとめ (or 目玉となる新機能の追加) が足りないといって、ずるずると公開 (or リリース) を先延ばしにしてしまう。

ブログをしばらく書いていると、こうやってお蔵入りになっている草稿の一つや二つは、誰でも管理画面やローカルのフォルダに残っているんじゃないだろうか。

中堅/中年プログラマこそ定期更新がおすすめ

定期的なブログの更新は、自分のなかでブログに求める基準が上がりつつも、一方でブログに費やす時間は減りつつある、中堅/中年プログラマにこそおすすめだと思っている。突然に徹夜してみたり、休日を丸々潰したりできる人なら、こういう細かいことを考える必要はない。

上がる基準と、減る時間にどう対処するのか、という観点でまとめると「基準を下げながら、時間を効率的に使う」という方法だとも言える。ただし、基準の部分は更新頻度を減らすことで (例えば、毎週のかわりに隔週としてみることで) 調整可能だとも思う。

「今年こそブログをもう少し、できれば月に一回以上は書きたい」という代わりに「今年は毎月第三水曜日にブログを書こう」と決めるの、どうでしょうか?


  1. ただし、単純に「リリーストレイン」とだけ言った場合には、複数のチーム間のリリースの同期に重きが置かれた用例もみられるので、ここでは「定期リリース」という語を主に使っている。 [return]