舎路(シアトル)日記

シアトルで働く日本人プログラマの日記です。

Q4 をふりかえる

Dec 28, 2018

今年は、クリスマスの週 (12/24-) とその翌週 (12/31-) を丸々休みにしたので、わりとゆったりと年末を過ごしている。

思いきりよく二週間も休んだのは、年の切り替わりに失効してしまう有休があるからで、これは良くない。いまの会社は公式の休暇が少なめなので、もう少し自分で計画して休暇をとるべきだったと思う。

一方で、12月はクリスマスのセールや同僚の休みのせいで「待ち」が発生しがちで、一年の中ではあまり効率的に働けない月でもある。日本人としては年末年始は休みたい (「仕事納め」をしたい) というのもあり、この時期に長めに休んでしまうこと自体は名案だったとも思う。

可視化

可視化ブームはこの後も続いて、Visualizing Crates.io というのを作った。Rust まわりの可視化は、やりたいことがいくつかあるのと、英語圏の人々にそれなりに届くので、もうしばらく継続の予定。

読書

“Software Design X-Rays” は、リファクタリングや「良いコードとは何か」という問題に、定量的なアプローチで立ち向かう良い本だった。Misreading Chat の初期に Empirical Software Engineering と呼ばれる分野の論文の紹介があったけれど

そういうのが好きなひとにはおすすめです。

“Make Time” も、自分の生活にそれなりにとりいれられて、インパクトがあって良かった。

読んだ本についてここに書くのは滞りがちで、例えば、最近 It Doesn’t Have to Be Crazy at Work を読み終わったけれど、なにも書けていない。レビューではなく記録と思って、もうちょっと淡々と書くと良いのかもしれない。

そのほか

そのほかはバラバラ。英語ブログは、テーマしばりをゆるくして更新頻度をあげよう、と思ったけど途中で頓挫した。

仕事

“Make Time” の助けと、単純にミーティングが多かった時期を抜けたのとで、それなりに良く働けたと思う。AWS re:Invent のキーノートをちゃんと見たのは良かった。Alexa には「対話型エージェントって結局のところなんなのか?」という、まだ誰も正解をわかっていないような面白さがあるけれど、AWS も人生で一回は働いてみたいと思う。

育児

寝かしつけはまた妻のほうが多め、というか「パパと寝ようか?」と聞くと「ノー」と返されるようになって悲しい。それでもベッドの横に座って見守ったりしている。

ポモドーロタイマー

いまだに完成せず。あと3日でなんとかなるか?

アメリカ生活

車の免許について、ようやく Knowledge Test をパスするところまでいった。あとは講習をうけて、実技テストにうかれば車を運転できるようになる。講習は必須ではないけれど、私は日本の免許もないので、うけておいたほうが無難だろう。

多分、来年は車を買うことになるんじゃないかと思う。

Source: post/2018/q4.md