舎路(シアトル)日記

シアトルで働く日本人プログラマの日記です

まわりのひとが英語の話を書いていて、

触発されたのと、自分の TOEIC スコアをすぐには探し出せなかったので、ここ10年くらいのまとめを書いてみた。振り返ってみると色々やっている。

書いてみて改めて思ったけれど、アメリカに引越してかの勉強はちょっと停滞している。TOEIC のように、英語能力を数値で測るのをやめてしまったのも良くない。来年は iKnow, Duolingo 以外のなにかを見つけたい。

2007

プログラミングが好きな大学生でした。当時に書いていたブログを読みかえすと、日本語でブログを書きつつも、タイトルだけは英語でつけるというこだわりがあったみたいだけど、全く理由が思い出せない。

この時点でも、公式のリファレンスは英語、エラーメッセージは英語、みたいな状態にはある程度の慣れはあって、なんとか英語は読んでいた。

2008

日本の会社をいくつかうけて、そのうちのひとつに就職した。

2009

  • TOEIC:605 (リスニング:300 / リーディング:305)
  • ブログをたまに英語で書くようにしていた

この年に初めて TOEIC を受けて、605点をとった。

2010

当時の Kindle は日本語さえ諦めてしまえばライフチェンジングな体験ができるデバイスだった。本が安く買えるし、すぐ届くし、本棚のスペースを気にしなくていい。何冊か英語の技術書を買ったり、当時は無料だった PragPub をダウンロードしてみたり、色々と読んでいた。

こういったメリットは結局のところ電子書籍のメリットなので、日本語の電子書籍が普通に買える2017年だと「だから英語を読もう」とはならないと思う。今だったら O’Reilly の Safari は近いかもしれない。普通に買えばそれなりにする本を、必要な部分だけ読んで、残りの部分は読まない、ということが図書館にもどこにも出かけずに出来るのは結構ライフチェンジングな体験だ。ガジェット成分がないことだけが残念。

2011

  • 英語だけでブログを書いていた
  • TOEIC:750 (リスニング:395 / リーディング:355)
  • イーオンに行きはじめた
  • RubyKaigi 2011 で海外から来ていた人々と夕飯を一緒に食べたり、よく話しかけたりしていた

振り返るとそれなりに狂っていて、日本に住んで、日本の会社に勤めているのに、なぜかブログを全て英語で書いていた。

RubyKaigi はたまたま友達に誘われて1日目の最後に海外から来ていた人々と夕飯を食べる機会があって、それでスイッチが入って、その後も色々な人に話しかけていた。プログラミング言語系のカンファレンスは、日本に住んでいるプログラマが英語しか話せない、けど共通の話題がある人々に話しかけるいいチャンスだと思う。

イーオンに行きはじめたのもこの年だった。当時も Skype 英会話はいくつかあったけど、会社の補助があったのと、なんとなくさぼったりフェードアウトしたりしづらいかなあというのとで、物理的な英会話教室に決めた記憶がある。

2012

  • TOEIC:795 (リスニング:425 / リーディング:370)
  • 転職した

ここで外資の大企業に転職して、上司も英語、チームメイトも半分近くが英語、ミーティングで使う言語も英語、という状態になった。

転職したのは、世界の色々なところに拠点のあるような大企業での開発をみてみたかったのもあるし、英語を日常的に使おうと思ったのもある。日本の携帯電話がスマートフォンに駆逐されつつあったころで、日本語の話せる人々を東京に集めてソフトウェアを開発しても、結局はアメリカ企業に勝てないんじゃいかと悲観的に思っていたことも、少しある。

TOEIC スコアは転職前 (5月末) のものなので「TOEIC スコアが795点くらいでも、外資でエンジニアとして採用されることはある」と言える。まあ、サンプル数は1だけど。

2013

  • TOEIC:870 (リスニング:455 / リーディング:415)
  • iKnow を使いはじめた

これが自分がうけた最後の TOEIC になった。外資で働きはじめたら一発で満点とれました! とはいかなかった。

2014

  • シアトルに引越した
  • iKnow に加えて、Lang-8 を使って英語で日記を書いたりした

日本で働いていたチームが無くなってしまうというので、本社のあるシアトルのチームに引越すことにした。チーム解散即解雇ということはなく、日本に残る選択肢もあったんだけど、このチャンスを逃したら海外で働くことなんてないかもなあと思って、後悔が少なくなるような選択肢をとった。

日本で数年働いてからアメリカの本社/支社に行く場合、H1B ではなく L1 という種類のビザで行けて、これは H1B ほど取るのが大変ではない。これについてはラッキーだった。1

というわけで、タイトルに戻ると「TOEIC 605点のエンジニアがアメリカで働くようになるまでには5年かかった」ということになる。サンプル数は1です。

2015

  • iKnow に加えて、Duolingo を使いはじめて、英語のスキルツリーを完了した
  • グリーンカードの手続きをはじめた

Duolingo の英語コースは正直あんまり難しくないので、もっと早くにやったほうが良かった。

2016

  • iKnow と Duolingo をやっていた
  • 子供が生まれた

2017

  • iKnow と Duolingo をやっていた
  • グリーンカードが届いた

グリーンカードをとって転職できる身分になった。

まとめ

自分の経験から、TOEIC 605点のエンジニアが

  • 795点になるまでに3年かかり
  • そうなると外資の会社に、エンジニアとして採用されることもあり
  • そこから870点になるまでに1年かかり
  • そうなるとアメリカで働けることもある

という話を書いてみた。

あくまで自分の話なので、サンプル数は1、再現性は保証できないけれど「TOEIC で何点くらいでは、何々は出来ない」という警告みたいなものは世の中にあふれているので、ちょっとくらい「TOEIC で何点くらいでも、何々は出来る」という話があっても良いんじゃないかと思う。


  1. その後にソフトウェアエンジニアのUSビザという記事を @splhack さんが書いてくれたので、詳しくはそちらをどうぞ。 [return]