blog.8-p.info

Cambridge Analytica 事件をあつかったドキュメンタリー “The Great Hack” を見た。

Cambridge Analytica 社は思ったよりも大きな会社だった

Cambridge Analytica の親会社である Strategic Communication Laboratories は、 普通の広告っぽいものから選挙や軍関係の仕事まで手がけるような、割とちゃんとした会社だった。

ドキュメンタリー自体も「Facebook からデータが流出」というところよりも、Cambridge Analytica の通常業務に対して疑問を投げかけるようなところが多い。例えばトリニダード・トバゴの選挙に関する広告キャンペーン事例として、クライアントのインド系の政党を利するために、アフリカ系の若年層をターゲットに「選挙にいかない」ことを呼びかけるあたりは、倫理的にかなり問題があると思う。

一方で、こういうのは『ドキュメント戦争広告代理店』(2005) あたりからある話だし、広告というのは多かれ少なかれ人々の行動を変えるために打たれるものである。

ドキュメンタリー上で Cambridge Analytica を追い詰める側の一人は The Guardian の記者なのだけど、でも例えば新聞だって、もちろん最終的には人々の行動に影響を与えているはずなのだ。アメリカの新聞はあからさまに党派性があって “endorsements” という形で、この候補に投票するべきだよ、なんて記事が選挙前に載っている。Cambridge Analytica とそれとの間に引かれる一線はどこなんだろう。

広告であることを明確にするというクレジットの問題なのか、資金がどこからきているかまで含めたトレーサビリティーの問題なのか、一定以上の細かさのマイクロなターゲティングがよくないのか、手法を問わず一定以上の効果があるものは武器/兵器として政府か何かの管理下に置かれるべきなのか、Cambridge Analytica のやっていることは行き過ぎていたと思うけど、じゃあどこまでが社会として許されていて、どこまでが実際に行われているのか、というのは私にはよくわからない。

左翼/リベラルのメッセージの弱さの話を忘れるべきではないと思う

Cambridge Analytica は、Donald Trump が勝ったアメリカ大統領選と、Brexit キャンペーンの両方に関わっていて、左翼/リベラルな人々にとっては、なんというかわかりやすく悪者である。

一方で、彼らの関与がどのくらい結果に影響したかというのはよくわからない。ドキュメンタリーの中では「アスリートがドーピングをしたら、ドーピングが結果にどれだけ関与したかに関わらず、結果は取り消しになる」という話でもって、ここの議論を避けているし、それ自体はまあ理解できなくもない。

一方で「盲目な人々が悪いテックな会社にあやつられて投票したのだ!」というのは、ブレイディみかこが EU 離脱に関して批判していたような「あいつらはわかっていない」論のバリエーションであって、ちょっと思考停止の嫌いがある。

Cambridge Analytica は倫理的に疑問のあることをしていたとは思うけれど、それはそれとして、従来の左翼/リベラル的なメッセージが有権者の疑問に答えきれていないのでは、というのは別の問題だと思う。

書くぞ! といってあまり書けていないんだけど、note の話の続き。

個人的には、noteクリエイターガイド “はじめる"編 の、とりわけ

あたりにある、書くためには読まれるべきであるけれど、読まれるためだけに書くべきではない、みたいな姿勢を好ましく思っている。

CXO (Chief Experience Officer) の深津さんも、2019年のインターネットの情報の流れに自覚的で、そこで読まれるにはどうしたらいいか、というところに考えがあって

良いと思う。

ちなみに、同じように情報の流れに自覚的で、同時代的だと思える人に Scrapbox を作っている shokai さんがいて

でもまだ、美文章滅すべしとまでは突き抜けられないなあと思っている。Scrapbox に書くときは基本的に箇条書きで書いてはいるけれど。

金銭的な収入が中心にある「生活の手段のための」ブログを書く人々は、過去記事の扱いに独特なものがあって面白い。

【初心者向け】ブログのリライトって何? 具体的な方法とコツを紹介

ブログを書いていると良く聞く言葉の1つに「リライト」があると思います

【SEO】価値の低いブログ記事は削除すべき話【判断基準を公開する】

本記事では「価値のない(≒アクセスのない)ブログ記事を削除すべきかどうか」というテーマで解説していきます。

記事を大きく書き換えたり、削除してしまったりするのは、私をふくめた古いインターネットの人 (トラックバックという言葉を知っていて、Atom と RSS の違いを説明できるくらいの人々) にはない発想だと思う。ブログなのにログじゃない。どちらかというと、Wiki というか、個人サイトっぽい考え方だ。

先に引用した人々は、どちらも URL やページの中で、日付を強調しないデザインになっていて、これもブログではない感じに拍車をかけている。

それが悪いことじゃないかとそうではなくて、むしろインターネットに有益な情報を残すという意味では、見習ったほうがいいくらいだと思う。

私は「書いた情報を更新し続けられない」という諦念が、我々を個人サイトからブログに向かわせたと信じているんだけど、そこに広告収入がちゃんとついて、以前に書いた情報をこまめに更新できる人が出てきて、それがまだブログという名前におさまっているのは面白い。

Twitter やはてなブックマークを見ると「これは間違っているな」「世の中にはこんなひどいことがまだあるのか」と思うことが多々あり、あまり良くない。専門職かつ民主主義の一員としては、それをちゃんと記憶・咀嚼して、解説するなり、デモするなり、投票につなげるべきなのだろうけど、一方でそれはだいぶリターンの悪い投資だとも思う。

結局のところ、xkcd の Duty Calls を思い出しながら、無視することが多い。“someone is wrong on the internet” に怒る以前に、私には色々とやることがある。

そういえば昔に、mala さんが技術者倫理について怒っていたなあと思って、小関さんによるインタビュー (2012) を読み直したら、最後は

僕はもうブログとか、文章で書くのはよくないと思っています。間違った情報はけしからんと自ら発信するのは技術者として間違っていて、本当は間違った情報は修正されるようなシステムを自分で作らなきゃいけない。そういうシステムを作ってこれなかったことを自省しています。

と終わっていて、ちょっと印象と違っていた。どちらかというと、高木浩光さんへ、しっかりしてください (2012) の方だったかもしれない。

なぜ間違いが指摘されなくなってしまっているのか。単に皆自分の仕事で忙しいとか、専門分野が違うので自信を持って書けないということもあるだろう。別の会社の内部事情なんて分からないのだし、所詮外部からは正確なことなんて分からない、口をはさむべきことじゃない、と考えてしまうのか。

アメリカの話を「です/ます」で書く note をはじめてみた。同様に、技術的な話は、日本語なら Qiita, 英語なら DEV に書く、というのをしばらく試してみるつもりでいる。

ふだんから人通りのあるようなプラットフォームに書くことで、いままでと違う読者を獲得できるのでは? というのが狙い。元 Amazon の Daniel Vassallo さんが Twitter

A lesson I learned about social platforms since I became active ~3 months ago is that there are large groups of people who prefer to spend their time and consume content only on their preferred platform. To reach them, you have to be there.

と書いていて、Medium に書いたものを再投稿したり、色々なソーシャルメディアに投稿しているのに影響されたのも少しある。

お気に入りのプラットフォームという発想自体が、RSS 時代から考えると後退していると思うけれど、そういうことを言い出すと grumpy な中年として新しいものを触らずに生きることになるので、しばらくは、口に出しつつも行動には影響させないでおこうと思う。

note には noteクリエイターガイド “はじめる"編、Qiita には 良い記事を書くためのガイドラインというものがあり、改めて読んでみるとちょっと気が引き締まる。