舎路(シアトル)日記

シアトルで働く日本人プログラマの日記です。

ながらく「ブログなんて、書きたいときに好きなだけ書けばいい」と思っていたんだけど、去年の12月に「週に3回、月曜日と水曜日と金曜日に書く」というのを決めたら結構よかったので、今年もしばらくは「英語のブログは、毎週の月曜日に更新する」というスケジュールで書こうと思っている。日本語は隔週にしようと思っていたけど、先週に忘れてしまったので、3週間ごとになりそう。

定期的ブログ更新の良さの、半分は時間割を決めることの良さだと思う。higepon さんの 勉強方法を勉強して分かった僕に足りなかった3つのこと (2008) にある通り、

勉強をコンスタントに長期的に続けるならば時間割は大変有用。

時間割を作り実践してみて分かったが「次に何をやるべきか」に迷う時間は振り返ればとてももったいなかった。

私はまだ道半ばで徹底できてはいないけれど「次に何をやるべきか」は事前に決めてしまったほうがいい。

ふと時間が空いたときに「今日ブログを書くか、書かないか、書くとしたら何について書くか」なんて考え出して、その日のうちに公開までたどり着くのは難しい。その難易度は「ふと空いた時間」が短くなっていくにつれて上がっていく。

残りの半分は、ソフトウェアの定期リリースの良さに似ている。

定期リリース

ソフトウェアの定期的なリリースは、最近よくみかけるようになったアイデアで、Rust の RFC 0507 (2014) では

This RFC describes changes to the Rust release process, primarily the division of Rust’s time-based releases into ‘release channels’, following the ‘release train’ model used by e.g. Firefox and Chrome; as well as ‘feature staging’, which enables the continued development of unstable language features and libraries APIs while providing strong stability guarantees in stable releases.

「リリーストレイン」モデルとも説明されている1。電車のたとえは Chrome の Release Early, Release Often (2010) でも使われている。

We basically wanted to operate more like trains leaving Grand Central Station (regularly scheduled and always on time), and less like taxis leaving the Bronx (ad hoc and unpredictable).

従来の「書きたいことがあったらブログを書く」というスタイルは、これまた従来の「リリースに足りる変更があったらリリースする」というスタイルに似ている。

この主観的な判断は、結果としてブログの更新ないしソフトウェアのリリースを遅らせがちだ。それなりに価値のある細々とした情報 (or 細々としたバグの修正) もあるのに、著者独自の視点や良い導入/まとめ (or 目玉となる新機能の追加) が足りないといって、ずるずると公開 (or リリース) を先延ばしにしてしまう。

ブログをしばらく書いていると、こうやってお蔵入りになっている草稿の一つや二つは、誰でも管理画面やローカルのフォルダに残っているんじゃないだろうか。

中堅/中年プログラマこそ定期更新がおすすめ

定期的なブログの更新は、自分のなかでブログに求める基準が上がりつつも、一方でブログに費やす時間は減りつつある、中堅/中年プログラマにこそおすすめだと思っている。突然に徹夜してみたり、休日を丸々潰したりできる人なら、こういう細かいことを考える必要はない。

上がる基準と、減る時間にどう対処するのか、という観点でまとめると「基準を下げながら、時間を効率的に使う」という方法だとも言える。ただし、基準の部分は更新頻度を減らすことで (例えば、毎週のかわりに隔週としてみることで) 調整可能だとも思う。

「今年こそブログをもう少し、できれば月に一回以上は書きたい」という代わりに「今年は毎月第三水曜日にブログを書こう」と決めるの、どうでしょうか?


  1. ただし、単純に「リリーストレイン」とだけ言った場合には、複数のチーム間のリリースの同期に重きが置かれた用例もみられるので、ここでは「定期リリース」という語を主に使っている。 [return]

去年の末に娘が生まれ、今年の頭に社内でチームを移り、忙しい時期を重ねてしまったなと思ったら、さらに三月に父が突然に亡くなってしまい、慌ただしい一年だった。

グリーンカードがとれたのはよかった。法律上は転職できる身分になり、入国の手続きも半自動化されたし、その際に面接に応じる人もこころなしか優しくなった気がする。

来年にむけて

「会社に歩いて通勤し、車を持たず、たまに日本人の友達に会う」という今の生活は、ほとんど完成してしまい、子供ができたのも守りの傾向に拍車をかけている。来年はもう少しリスクをとって、アメリカらしい生活をこころがけたい。

ブログや Twitter もしばらくは英語で書いてみるつもり。

インターネットに何かを書くというのは、世界のどこかにいる誰かに届くかもしれない、という期待が少しだけある行為で、それは Facebook と LINE の時代の「インターネット」ではないし1、読者の姿がはっきりしていくにつれ忘れられてしまうことなんだけど、私はそういう、会ったこともない人に向けて、言葉を尽くして書かれたような文章が好きだったりする。

逆に、Firefox を火狐と書いてみるのとか、サイバーエージェントを「渋谷の緑色の会社」と書いてみるのとか、そういうコミュニティ内の言い換えには、想定された読者に対する「あなたもこれはわかりますよね」みたいな目配せと仲間意識の強要を感じてしまい、わかっていても目をそらしたくなる。われながら心がせまい。

何かを英語で書くのは「世界のどこかにいる誰かに届くかもしれない」という期待の延長線上にある、と自分が書いたソフトウェアのダウンロードページをせっせと英語で書いていた昔には思っていたはずで、そういう初心は忘れずにいたい。


  1. インフラでしかないインターネットに何らかの価値判断の傾向を見いだすのは、もう理解されないことなのかもしれない。「インターネットらしさ」は「電気らしさ」くらい無意味な言葉になるんだろうか。 [return]

Q4 ふりかえり

Dec 27, 2017

10月

  • MacBook Pro を買った。個人で使うコンピュータに “Pro” は贅沢だろうと今まで避けていたんだけど、いまは MacBook Pro も MacBook も値段が変わらず、速さと軽さだったら前者のほうが重要なので Pro にした。
  • Hacktoberfest 2017 に参加して、無事に T シャツをもらった。
  • 会社から家への帰り道を走るのを続けていた。
  • なんとなく Duolingo を再開した。

振り返ると、英語のブログもよく書いていた。

11月

  • 娘が生まれてから1年間だけとれる育休がまだ余っていて、かつ妻の友達の結婚式が大阪であるというので、ほぼ1ヶ月会社を休んで、うち2週間は日本に帰っていた。
  • ミクシィとメルカリを起点に、昔の友達や同僚にたくさん会えた。

メルカリ、行くたびに昼食を奢ってもらっているので、そろそろ誰か人を紹介しないといけない。私はまだシアトルにいるつもりだけど、六本木やサンフランシスコで働きたい人は是非。

12月

11月の末に「週3でブログを書くぞ」と決めてなんとかやりきった。

むかしに読んだ『レバレッジ勉強法』でも、あるいは higepon さんの 勉強方法を勉強して分かった僕に足りなかった3つのこと にもあるけれど 1

勉強をコンスタントに長期的に続けるならば時間割は大変有用。

時間割を作り実践してみて分かったが「次に何をやるべきか」に迷う時間は振り返ればとてももったいなかった。

迷いがなくなるのと「ここにもう少しあの話を足してから公開しよう」みたいな細かいこだわりで結局なにも公開までたどりつかない、というのが減らせのは良かった。

仕事

ずっと新しいプロジェクトの設計めいた仕事をして、最近になってやっと実装にはいった。ちょっと設計に時間をかけすぎた気もする。下手に言語化しないの、

俺は手戻りを一切恐れてないので、細かく仕様詰める無駄な時間を過ごす間に3回作って捨てる

というのは眩しくて良かった。

勉強

また iKnow + Duolingo という組み合わせに戻った。Duolingo では中国語とスペイン語もはじめたけれど、実際にやるのは英語に偏りがち。

あと、久しぶりの論文ブームが来つつある。

家族

娘は1歳になった。なんの支えがなくても突然立ったりするし、手を引いてあげれば歩けるようになった。

インターネット

Twitter をしたりブログを書いたりしていた。


  1. そもそも higepon さんの記事を読んで『レバレッジ勉強法』を読んだ気もする。 [return]

@hardmaru さん経由で、Making Peace with Personal Branding を読んだ。Twitter にすら力を入れていて

I use twitter primarily as a professional tool (I think of it as a more dynamic version of LinkedIn), so I try to keep most of my tweets related to data science. If your goal is personal branding or finding a job, I recommend keeping your tweets mostly focused on your field.

といってしまうところ、TEDx で話すまえに

I was terrified, so I started working with a public speaking coach in preparation, and it was super helpful.

といってパブリックスピーキングのコーチをつけるところ、ブログについて書いているところなんかが印象に残った。著者の Rachel さんは Why you (yes, you) should blog とブログだけに焦点を絞った記事も書いていてる。

と、それとまた別経路で 10 years of professional blogging – what I’ve learned も読んだ。

That’s why I refuse to write on Medium or Quora. Instead, I prefer to run open source software that I can move around, prioritize building my email list (more on that later) and try to keep regular backups. I used to write on Blogger and watched them slowly stop maintaining the platform after the Google acquisition. Then I switched to Typepad, only to watch the same thing happen. I learned my lesson.

というのは同世代感があって良い。著者の Andrew さんは How to start a professional blog: 10 tips for new bloggers というのも書いていて、これも実践的で良かった。

英語でブログを書くの、たまにやってみてはあまり続かずに日本語に戻ってくるのを繰り返しているけど、それでも2011年とか2013年とかはがんばっていた。さらにいうと、昔に書いたソフトウェアはがんばって英語ページも作っていた。

来年は、そういう初心を忘れずに、もうちょっと日本語圏の外に届く活動ができればなあと思う。

今日に聞いた Planet Money は、2015年の再放送で、サンタスーツと関税の話だった。

サンタのコスチュームは通常は催事用のもの (festive articles) という扱いになって、外国から輸入する際に関税がかからないんだけど、しっかりした作りのものは洋服扱いになって、高い関税がかかってしまう。

And customs looks at this nicer Santa suit and says to Marc - this is not a festive article. You made this so nice this is clothes. And clothes go under a different part of the tariff code. To import this suit, Marc has to pay a 32 percent tax on the jacket and a 29.2 percent tax on the pants.

という件で Rubies Costume Company というコスチュームの販売会社の人が政府に対して訴訟を起こしていたらしい。ちょっとのネタバレになってしまうけど、面白いのは、この人は以前は国内生産のサンタスーツを売っていて

Back in the ‘90s, on the other side was Marc Beige, was Rubie’s Costume Company. He has completely switched sides.

そのときはサンタスーツは洋服であるので関税をかけるべきだ、という立場で訴えを起こしていたらしい。

Planet Money とは

Planet Money は NPR (National Public Radio) がやっているラジオ番組で、私はポッドキャスト経由でたまに聞いている。お金にまつわることを中心に、いろいろなテーマを取り上げていて面白い。

今年に聞いたものだと

  • North Korea’s Capitalists: 北朝鮮はミサイルをどう買ったのか? という疑問を導入に、ドンジュとよばれる資本家/起業家的な人々や、その育成プログラムについて。
  • The Basic Income Experiment: ベーシックインカムの試みと、フィンランドでの実験と、デザイン思考について。
  • Shrimp Fight Club: アメリカにおける事業仕分けと、そこで「えびファイトクラブ」と名指しされ研究の意義を問われた科学者のはなし。

ここらへんは特に面白かった。英語を聞くだけでは辛いという人には Transcript もあります。