blog.8-p.info

今月は Why I Ignore the Daily News で勧められているように、The Economist でニュースを読むのを試していた。ただ「毎週 The Economist を買って全部は読まない」というのはお金がもったいないので、8月の初めに本屋で一冊買って、それをダラダラと一ヶ月かけて読んだ。

自分が世界全体の話についてどれだけ知りたいのか、例えば「チュニジアの大統領が首相を解任」みたいなニュースを読んでどうするのか、という疑問はある。あと、アメリカ合衆国については5ページが割かれている一方で、日本についての言及は最初のページのコロナウィルス欄にしかなくて、日本についてこれだけを読んで何かを知ろうとするのは辛い。

科学欄の、プロップファン復活話は、The Economist を読んでいなければ知る由がない感じで良かった。コロナウィルス流行に伴う規制緩和で、アメリカでカクテルの売り上げが上がっている話 (ビールやワインに比べて、消費者が「家で飲んだほうが安いな」と思いにくいらしい) なんかは Planet Money 好きとしては面白い。こうやって見返すとまだまだ読んでいないところがある。

私の家には毎月 Communications of the ACM (CACM) も紙で届いていて、毎月のニュース消費をインターネットから The Economist と CACM にシフトできると心穏やかに生活できそうだなと思っている。

Vitess が Protocol Buffers 向けの速いコードジェネレーターを書いた話は、Twitter か Lobsters で読んで、仕事にも使えそうで、CACM には載らなそうなので、こういう情報を知っておく必要はあるけれど、一方で “gogo grpc alternative” で Google で検索すると3位だし、gogo/protobuf の GoGo Protobuf looking for new ownership からもリンクが貼られていて、必要になったときに検索すれば見つけられそうではある。