blog.8-p.info

今年も半分終わりなので、読んだものを記録してみる。もうちょっと技術書を読んだほうがいいような気もするし、読書は趣味なのだから、これはこれで良いじゃない、という気もする。あと Kindle で買っていないもの (オンラインのページとか O’Reilly とか) は後から見返せなくて、それからくるバイアスもちょっとはある。ちょっとだけど。

育児書ももう少し読むべきなんだけど、日本の育児書で、かつ電子化されているものは、なぜかタイトルが辛いものが多い。

例えば、私が結構気に入っている Zero to Five - 70 Essential Parenting Tips Based on Science が翻訳されると『いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法』になってしまう。確かに原題も「科学」はあるけれど、しかし「断言できる」とかなんとかだいぶ暑苦しい。情報商材っぽくもある。

ジョー・イデ『IQ』『IQ2』

日系アメリカ人作家ジョー・イデの黒人ミステリシリーズ。面白かった。アメリカ治安悪い。洋書ファンクラブの渡辺由佳里さんの評では

IQという複雑なヒーローと、リアリスティックな登場人物たち、そして、文芸小説のような哀愁がほどよく混じっているからだろう。アクションも多く、飽きないところもいい。

なんて書かれているけれど、うーん、文芸かなあ。個人的には京極堂とかそういう、キャラクターがたっていて、事件があって、悪い奴がいて、アクションがあって、という濃いめの味付けを楽しむ話だと思う。

Joe Ide “Wrecked”

面白かったので、未訳の3巻は英語で読んでみた。前作を日本語で読んでいて主要キャラがわかるからか、英語でもまあまあ読めた。しかし、巻が進むにつれてアイゼイアではなくドッドソンの方に肩入れしてしまう。

柞刈湯葉『人間たちの話』

早川書房の1500作品が50%割引の大型電子書籍セールがきたのでオススメを紹介するで紹介されていたので読んだ。

こういう設定なので人々はこういう生活を送っていて、みたいな描写は面白いんだけど、最後に盛り上がりそうなところで盛り上げずにパッと切るようなところがあって、意図しているのかもしれないけどちょっと物足りない。表題作はちゃんと盛り上がってよかった。

著者はホームページで Web アプリも公開していて同世代感がある。また、横浜駅 SF はマンガが全文読める。

絲山秋子『絲的炊事記 豚キムチにジンクスはあるのか』

面白いけど、絲山秋子はエッセイより小説が好きだな。あとこういう独身ダメ無頼みたいなのを、子持ちになってから楽しめなくなりつつあるような気がする。ダメでいられることに贅沢を感じてしまう。

子持ちダメ無頼エッセイは成立するのかなあ。独身がご飯に醤油をかけて食べるのはその人の勝手だけど、子供にそれを食べさせるようになってしまうと、ちょっと笑えなくなってしまうので、成立させるのは難しそう。

山形浩生『断言 読むべき本・ダメな本 新教養主義書評集成 経済社会編』

山形浩生の書評集。ブログにあるものから、なつかしの『新教養主義宣言』に収録されていたもの、さらに昔のものまで幅広い。山形浩生はケインズとか毛沢東とかに関する本を訳すときに、既存の本を一通り読んで評するというのをブログでよくやっているのだけど、例えば間宮陽介訳の酷さとかは、ブログで読む分には面白いけれど本で読まなくてもいいかなあとは思う。

関満博『現場主義の知的生産法』

前述の山形浩生の書評集で薦められていたので読んだ。面白い。面白いけれど「あ、これでいいのか」というよりは「ここまでやるのかあ。そうかー。うーん。」という気持ち。あと、私はコンサルではなくて、どちらかというと著者に取材される工場側の人間なんじゃないかと思う。

花村太郎『知的トレーニングの技術』

これも目指しているところが高さは『現場主義の知的生産法』に通じるものがある。文学・哲学・科学を通して語るのはかっこいいけれど、一方でちょっとポストモダンっぽくもあって、後半はちょっと読み飛ばした。

借金玉『発達障害サバイバルガイド』

私は発達障害ではないんだけど、生活の運用コストを下げる方法として面白かった。ライフスタイルのミニマリストに通じるところがありつつも「毎日同じ服でいいのでは?」とまでは尖りすぎないので、もうちょっと汎用性がある。

ヤマシタトモコ『違国日記 (7)』

2月に読んだマンガの感想を6月に書くのは無理があるなあ。良いです。ちょっと語りすぎな気もするけど、でも2021年にヤマシタトモコを読んで「セリフ長くない?」っていうのも、焼肉屋で「肉多くない?」っていうような、お前なにしにきたんだよ、って感じがしませんか。

大槻兼資『問題解決力を鍛える!アルゴリズムとデータ構造』

Qiita に AtCoder の話をよく書いていた けんちょん/大槻さんの本。GitHub にある補足資料が、

章末問題の略解は、現在は簡潔な記述にとどめていますが、今後コンテンツを充実させていく予定です。また、各 C++ ソースコードと同等の処理を Python でも提供していく予定です。

のまま止まってしまっていて、かつ章末問題の回答も載っていないで、ちょっと独習には辛かった。通して読んでいない気がするので Q3 にがんばります。