blog.8-p.info

日本のソフトウェア開発はなぜ世界から落伍したのか。中国人エンジニアの見方 経由で、IMD の World Digital Competitiveness Rankingというのを知った。

Now in its fourth year, the IMD World Digital Competitiveness Ranking measures the capacity and readiness of 63 economies to adopt and explore digital technologies as a key driver for economic transformation in business, government and wider society.

無料で PDF がダウンロードできるので読んでみた。

トップ5位とランキングの手法

2020年のトップ5位は、

  1. アメリカ
  2. シンガポール
  3. デンマーク
  4. スウェーデン
  5. 香港

日本の近所の国々をみると、韓国は8位、中国は台湾と一緒にされて11位。このランキングは、各種統計データと、サーベイから算出されていて、国ごとの細かい評価項目も見れる。

例えば、日本の場合は Overall top strengths に

  • Pupil-teacher ratio
  • Mobile Broadband subscribers
  • Wireless broadband
  • World robots distribution
  • Software piracy

Overall top weaknesses に

  • International experience
  • Digital/Technological skills
  • Opportunities and threats
  • Agility of companies
  • Use of big data and analytics

が挙げられている。

“Use of big data and analytics” とか統計データあるのかい、と思って見てみたらこれはサーベイが元になっている。さらにいうと、強みは全て統計がもとに、弱みは全てサーベイがもとになっていて、これは調査方法からくるバイアスもあるのでは、と不安に思う。

ところで IMD ってなんなの?

IMD の正式名称は “International Institute for Management Development” で、スイスのローザンヌにあるビジネススクールらしい。

Based in Lausanne (Switzerland) and Singapore, IMD has been ranked in the Top 3 of the FT’s annual Executive Education Global Ranking for the last nine consecutive years and in the top five for 17 consecutive years. Our MBA and EMBA programs have repeatedly been singled out among the best in Europe and the world.

スイスとシンガポールに本拠地のあるビジネススクールが、シンガポールが2位、スイスが6位に位置するランキングを発表するのは、我田引水というか体言一致というかなんというか。

ちなみに、IMD が発表する World Talent Ranking ではスイスが1位、シンガポールは10位。World Competitiveness Ranking では、シンガポールが1位、スイスが3位です。