blog.8-p.info

たまに Rust の勉強もかねて何かを再実装しようと思うんだけど、大抵は途中で飽きてしまう。一方で、最近に仕事で使っている雑なスクリプトをきれいに書き直して、これはなかなか楽しかった。というわけで、自分の中での楽しさを書き出してみようという試みです。

自分の生活が便利になった

仕事で書くスクリプトとか、個人的な便利コマンドとかはここの楽しさが大きい。

仕事で関わって製品としてリリースされるものが、自分の生活を便利にするかは、まあ半々くらい。「確かにこれあるといいですね。自分でも使います。」というものもあるし、正直いって自分は使わなそうなものもある。

コンシューマ向け製品だと、自分の好みはだんだんメインストリームとずれてきていて、それは将来に不安を感じる。携帯電話のプッシュ通知とか、なるべく来ないで欲しい。

無理そうなことが出来てかっこいい

昔に作っていた、SIMBL で Mac のアプリをフックして色々やるのはこの楽しさがあった。今の仕事だと firecracker-containerd もこの楽しさがあって、これはちょっと珍しい。

CRUD な Web アプリを作るとか、こっちのマイクロサービスとあっちのマイクロサービスをたたいて、結果をむこうのマイクロサービスに送るとかは、まあそれはやったらできますよね…という感じがある。実現可能性が高いのは良いことなのだけど。

バグが直ってすっきりした

バグを直すのは、パズルがとけたとか、伏線が回収されたとか、そういうのと同じ楽しさがある。このログがこうなっていて、あのメトリクスがこうなって、でも手元では再現しなかったのは、こういうことだったのか! という驚きと納得。

日々の開発で「なんでこのテストだけパスしないかなあ…。あー、これここで初期化されていないからだ!」みたいな局面は多々あり、これも楽しい。

自分の作ったものが世界中で使われていてすごい

いまの仕事はこれがあって良い。

意識の低さ

こうやって書き出すと、なんというか意識が低いなあ。会社や社会に貢献しようという意思を感じられない。まあ「プログラミングが」楽しいときの話をしているだけで、その他の種類の楽しさもあるし、仕事としてきたものなら、楽しさに関係なくちゃんとやりますよ。

ただ、例えば自分が AtCoder とか LeetCode とかのプログラミングパズルっぽいものにいまひとつ熱意がないのとか、冒頭に書いた再実装をがんばれないのも、自分の生活が便利にならないし、自分ができるかはさておき、誰かはできるのはわかっている、というので説明できる。趣味プロジェクトの評価基準としては悪くないように思う。