舎路(シアトル)日記

シアトルで働く日本人プログラマの日記です。

最近に奥さんと話していて、アメリカに来て5年がたっていたことに気づいた。

仕事

グリーンカードを2017年にとったものの、結局は会社が変わる転職はしなかった。チームはコロコロ変えて、今年の夏からは AWS で firecracker-containerd をやっている。2013年に趣味で Docker のソースコードを読んだりしていたのが、給料をもらえる仕事になったのはちょっと感慨深い。人生の伏線がちゃんと回収された感がある。

仕事で書くコードがオープンソースになったのは良かった。

シニアなエンジニアになれなかったのは残念だったけれど、仕事の内容に関してはあまり不満はない。給料が多いに越したことはないけれど、金銭的なところについては、そろそろ、子供の学費とかリタイアする年齢とかから逆算して目標を決めたほうがいいと思う。

家族

子供が二人できた。上の子はトイレトレーニング中。下の子はやっと寝返りができたくらい。

コミュニティ

テック系のコミュニティ活動については低調で、たまに勉強会とかイベントに顔を出してみたりするものの、そこから継続的な関係性が生まれたりすることはなかった。

シアトルのコミュニティは、東京のコミュニティに比べると「中心がない」感じがする。また、ここで比較している東京のコミュニティというのも、私が東京にいたころの時代の話で、今はもっと細分化しているんだろうと思う。

これについては、正直いうと、あんまり頑張らなくてもいいかなあと思う。とりわけ、家族と夕食をとるのをスキップする時間帯の勉強会というのは、自分のライフスタイルに合わなくなってしまった。

もっと広義の、家族と一緒に参加できるような、地域のコミュニティ活動については、もうちょっと参加してもいいかもしれない。

インターネット

ブログはまあまあ続いている。毎年にブログを引越すのは2016年でやめてしまったけれど、Hugo にはそこまで不満もない。

自分の作品と呼べるようなものを作らなくなってしまったのは良くない。ブログを書いたり、勉強会に行ったり、有名ソフトウェアにパッチを送ったりする時間を減らしてもいいので、次の5年は、もうちょっと何か「自分のもの」を作る年にしたいなあと思う。

英語

昔よりはだいぶできるようになった。ノンフィクションとか自己啓発っぽい本は、翻訳を待たずに英語で読んだりもするし、ポッドキャストも色々と聞けて楽しい。

一方で、今の生活を続けるだけでは、これ以上の上達はないんだろうなあとも思う。時制とか発音とか色々あやしいところはあるんだけど、仕事で「間違っていますよ」というフィードバックを受ける機会はほとんど無い。同僚には Toastmasters を勧められたりもしたけれど、まだ二の足を踏んでいる。

社会

大統領が変わった。けど自分の生活圏では大きな変化はなかった。

テック企業、とりわけ巨大テック企業はクールじゃなくなってしまったなあと思う。私がアメリカに来た頃から、シアトルにおけるアマゾンはクールな存在ではなかったし、Cal Newport とかを好んで読んでいる自分はバイアスがあるとは思う。

でも、Elizabeth Warren 上院議員なんかを見ると、なんだか全米的にあんまり好かれてないのだなあ、という気持ちになる。

ふりかえりはほどほどに

2015年もそうだったけれど、ブログで毎月のふりかえりをするようにすると、ふりかえりばっかりになって良くない。良くないというか、本意ではない。

あと、パブリックな場所で内省的なことを書くのには、例えば子供のこととか、書けることに制限があって、これをメインのふりかえりの場所にするのは良くない。書けないことについて考えが足りなくなる。

というわけで、今年のふりかえりはこれで終わりです。ブログは多分つづきます。