舎路(シアトル)日記

シアトルで働く日本人プログラマの日記です。

今日に聞いた Planet Money は、2015年の再放送で、サンタスーツと関税の話だった。

サンタのコスチュームは通常は催事用のもの (festive articles) という扱いになって、外国から輸入する際に関税がかからないんだけど、しっかりした作りのものは洋服扱いになって、高い関税がかかってしまう。

And customs looks at this nicer Santa suit and says to Marc - this is not a festive article. You made this so nice this is clothes. And clothes go under a different part of the tariff code. To import this suit, Marc has to pay a 32 percent tax on the jacket and a 29.2 percent tax on the pants.

という件で Rubies Costume Company というコスチュームの販売会社の人が政府に対して訴訟を起こしていたらしい。ちょっとのネタバレになってしまうけど、面白いのは、この人は以前は国内生産のサンタスーツを売っていて

Back in the ‘90s, on the other side was Marc Beige, was Rubie’s Costume Company. He has completely switched sides.

そのときはサンタスーツは洋服であるので関税をかけるべきだ、という立場で訴えを起こしていたらしい。

Planet Money とは

Planet Money は NPR (National Public Radio) がやっているラジオ番組で、私はポッドキャスト経由でたまに聞いている。お金にまつわることを中心に、いろいろなテーマを取り上げていて面白い。

今年に聞いたものだと

  • North Korea’s Capitalists: 北朝鮮はミサイルをどう買ったのか? という疑問を導入に、ドンジュとよばれる資本家/起業家的な人々や、その育成プログラムについて。
  • The Basic Income Experiment: ベーシックインカムの試みと、フィンランドでの実験と、デザイン思考について。
  • Shrimp Fight Club: アメリカにおける事業仕分けと、そこで「えびファイトクラブ」と名指しされ研究の意義を問われた科学者のはなし。

ここらへんは特に面白かった。英語を聞くだけでは辛いという人には Transcript もあります。